感度を高めるための快楽トレーニング。

 

 

それには乗馬が最適。

 

 

「奥様。挿入しただけでまだイってはなりませんよ」

 

馬の鞍に旦那様のち〇この張型を付けて挿入。

これだけでも気持ちいいのに、挿入したまま馬上訓練へ。

 

 

「馬の歩調に合わせ、きちんと旦那様のイチモツでイけるようにならなくてはなりません」

 

 

しかしこの日は馬が興奮してしまい…。

 

 

「お上手ですよ。奥様」

「程よく締め付けることで生まれる快感を覚えていただきます。」

 

 

↓完全無料で公開している画像はココだけ↓
♥フルサイズ画像♥が見たい方はこちらをクリック

 

S家に嫁いだM嬢の日常 チャプター2 【快楽トレーニング:馬術】

朝食を終えたらさっそく感度を高めるための快楽トレーニング。

 

 

今日の予定は乗馬。

乗馬訓練用に特別にあしらわれた局部丸出しの衣装。

 

 

馬の鞍には、旦那様のペニスを模して造られた特別製の張型が装着されている。

 

 

「奥様。挿入しただけでまだイってはなりませんよ。今日は課題としてただ腰を動かすのではなく、

程よく締め付けることで生まれる快感を覚えていただきます。」

 

 

この快感を覚えるために、馬の尾に似せたアナルプラグまで挿入されます。

 

 

馬術開始。

 

 

馬の歩調に合わせて、どこが気持ちいいかを意識。

 

 

きちんと挿入でイけるようにしなくてはなりません。

 

 

「そう…上手ですね。夜に実践すれば旦那様もさぞ気持ちよくなられるでしょう」

 

 

ここで馬が、メリー嬢の痴態に充てられたのか暴れだし、

予定外の快感がメリー嬢を襲う。

 

 

講師が追いついたころにはメリー嬢は意識朦朧で

膣内が止まることなく収縮を繰り返していました。

 

 

馬上での訓練を繰り上げることになったものの、

次の講義の予定時間にはまだ時間がある。

 

 

そこで、厩舎係の男性が勃起していることを発見。

 

 

「え?僕がそんな役目でいいんですか?」

 

 

厩舎係の男根を旦那様に見立て奉仕。

 

 

「きつく挟み込んで擦り上げて、谷間から除く先端を慈しむように舐め上げるのです」

 

 

「そうです。こうして乳首を刺激すると気持ちいいでしょう?旦那様におねだりしてみなさい」

 

 

「見事な乳首イキですね。そんなに腰を震わせて…」

 

 

下の口が物足りなくなりましたが、

上の口で奉仕。午前の訓練は終了します。

 

 

S家に嫁いだM嬢の日常 チャプター2 感想

性に対してストイックなS家。

 

 

 

馬の鞍にち〇この張型ってエロ漫画の展開。

ですがこれは笑い話ではなく、

 

 

 

至極真面目にやってます。

 

 

 

馬が暴れるシーンなんかにもいちいち理由があって非常にお上品。

 

 

 

しかしこんな性に従順な嫁ってあこがれますね。

頼めばなんでもやってくれるなんて最高じゃないですか(笑)

 

 

 

控えめ、淫乱、従順。

赤毛のロングヘアで巨乳。

 

 

 

完璧ですね!

個人的には金髪がよかったところですが。

 

 

 

↓完全無料で公開している画像はココだけ↓
♥フルサイズ画像♥が見たい方はこちらをクリック